校歌

校歌

本校の校歌は、昭和4(1929)年に作成されました。作詞は、主に明治時代に活躍した小説家・評論家・翻訳家・劇作家であり、早稲田大学の校歌「都の西北」制定にも携わった坪内逍遙。作曲は大正・昭和の音楽家で、戦時歌謡(国民唱歌)「海ゆかば」や慶應義塾塾歌・日立製作所社歌などを作曲した信時潔によるものです。
校歌は、数ある歌の中でも特に生徒全体を統率する技術が求められるものであり、そのためリーダー(指揮の所作)は「本郷」を表現しつつも極めてシンプルなものに仕上がっています。

音声はこちら(「本郷中学校・高等学校公式サイト」に移動します)