【第14号】待ちに待った体育祭

こんにちは、統制長の渡邉です。
徒然でも長いこと話題にしていた体育祭を先日行いました。
体育祭当日は、一日中雨が降ったり止んだりとさえない天気ではありましたが、とても楽しい体育祭となりました。
私たちは、各色の応援団に混じって一緒に練習してきた演技を応援合戦で披露しました。
ちなみに、1位になったのは白組の本郷演舞です。(本郷演舞は、「校歌・応援歌」のページに載っていますので、よろしければご覧ください。)
IMG_0407.jpg
演技の練習はとても大変でしたが、終わってみると良い思い出となりました。
何事も、一生懸命取り組むと達成感を味わえるものですね。
また、今年から導入された観客点(各色の盛り上がり具合によって点数が入る制度です。)では、赤組が午前・午後の部の両方で1位を獲得していました。
とても素晴らしい盛り上がりでした。
スナップショット 1 (2013-06-16 7-34)
色々な学年の生徒たちと仲良くなれて本当に楽しかったです!
体育祭打ち上げ
次の大きな行事に野球応援がありますが、これに向けて日々努力していきたいと思います!!

【第13号】城北学園応援同好会の皆様がいらっしゃいました。

こんにちは。リーダー部長の斎多です。
今回、初めて部員徒然を書かせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。
今日は、城北学園応援同好会の皆様が我々の練習をご覧にいらっしゃいました。
練習終了後には話し合いの場を設けさせていただき、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
IMG_0241_convert_20130607215244.jpg
練習では、体育祭に向けて応援歌の練習を行いましたが、皆よく声が出るようになっていてリーダー部長としても喜ばしい限りでした。
また、練習終了後に城北学園応援同好会の皆様に本郷マーチをお見せし、エール交換を行いました。城北学園応援同好会のエールの動きは我々とは異なるものでしたが、その統制された動きには見習うべき部分があると感じました。
IMG_0251_convert_20130607215302.jpg
さて、去る6月2日、実は慶早戦後に城北学園応援同好会の皆様と意見交換会を行いました。(この模様は城北学園のHPにも記載されています。)
今日は、そこで話し合われた内容を踏まえて今後の交流の具体的な形について意見を出し合いました。
これからも交流の場を絶やさないようにしていきたいと思っています。
城北学園応援同好会の皆様、本日はありがとうございました。

応援合戦をご覧いただく際のお願い

6月12日に予定しております体育祭にて、午後の部の最初に本会による応援合戦を実施致します。(12:40~13:10を予定)
今回は、ご覧いただく際のお願いについてのご連絡と、見どころを少しだけ紹介させていただきます。
●見どころ
最初に各組のテントへ向かってそれぞれの優勝を願って応援歌及びエールを送ったあと、各組応援団の演技披露へと移ります。
最初に、昨年度初めて1位を獲得した赤組応援団が2連覇をかけて臨みます。
次に、昨年度は3位となってしまった青組応援団ですが、過去の実績を見ると隔年で1位を獲得しています。従って今回は1位を奪還すべく、準備に余念がありません。
最後は白組応援団。過去の成績が最も良く、4度目の1位を目指して闘志に燃えています。
●お願い
・毎年、立入禁止区域に入られる方がいらっしゃいます。危険ですのでお止めください。特に、本部テント近くの朝礼台付近には、運営の妨げとなりますので、絶対に立ち入らないようお願いします。
・全ての演技を本部テント前だけで行うわけではありません。撮影などは保護者席にて行っていただきますようお願いします。
・保護者席では、前方にいらっしゃる方はお座りいただくなど、後方の方々にもご配慮いただきますようお願いします。
どの組も高3の団長を中心に、団員一同一生懸命練習を重ねています。
当日は最高の演技をご覧いただきたいと思っていますので、ご来場いただく皆様もルールをお守りいただき、皆様が楽しんでいただけるよう、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
応援合戦につきましては、こちらもどうぞ。
応援方法
過去のデータ

【第12号】春季慶早戦に行ってきました!

こんにちは、広報室長の加藤です。
昨日は応援の勉強をするということで、現在開催されている東京六大学野球の早慶戦(今回は慶應側だったので「慶早戦」)に多くの後輩たちと一緒に行ってきました!
春季慶早戦2013
午前中は生憎の曇り空でしたが、試合が始まると嘘のようにきれいな晴れ模様となりました。
慶應義塾大学應援指導部の方々は、さすが大学の応援団だけあってとてもキビキビとした動きをしていました。
しかし、ただ厳しい雰囲気だけなのではなく、観客のみんなが楽しめるよう色々な気遣いをしていることも見て取れました。
私たちも早くあんな風に応援ができるよう、これからも努力を重ねていこうと思います。
現在、来る6月12日に行われる体育祭へ向けて、団員たちのやる気もどんどん右肩上がりになってきています。
今回の経験を踏まえて、更に素晴らしい内容に仕上げていきたいと思います。
みなさん、是非ご期待ください!
そしてその勢いとともに7月の硬式野球部の応援も、みんなで一緒に行くことができれば嬉しい限りです。
応援団のみんなで力を合わせて、これからも一緒に頑張っていきましょう!
春季慶早戦2013
慶應の應援指導部の方と一緒に(神宮球場にて)

【第11号】他校とのつながり作り

こんにちは、広報室員の星野です。
5月26日に、城北高校の応援同好会を訪ねてきました。
この日に城北応援同好会の皆さんが私たちに見せてくださった内容は、発声、体操、そして野球応援の練習でした。
初めて見る他校の応援団の練習を間近に見て、まず練習の仕方にかなりの違いがあり、とても勉強になりました。
エール交換も行うことができて、嬉しかったです。
その後、お互いに近況やこれからの活動について、30分ほど話し合いました。
とても有意義な時間を経験することができました。
「本城戦」をぜひとも実現したい!と思いました。
同じ志を持っている高校応援団と友好を深めることができたと思います。
城北
やはり応援団を存続させていくには、「後継者探し」がとても重要であり、それは大変なことなのだということを思い知りました。
応援委員会をもっと大きな団体にして、みんなを今以上に引っ張っていけるような団体にしたいです。

【第10号】サッカー部応援に行ってきました。

みなさん、はじめまして!
5月9日をもちまして新たに広報室員になりました、高校2年の酒井です。
今後ともよろしくお願いいたします。
5月18日に高校サッカー部の方々からのご依頼を受けて、サッカー部のみなさんと一緒に応援させていただきました。
サッカー応援
結果は惜しくも敗れてしまいましたが、とても迫力のある試合でした。
今回の経験を糧に少しでも本校を勝利へ導けるよう、より良い応援活動を展開していきたいと思います。
そしていよいよ体育祭当日まで3週間を切りました。
各組応援団は次第に練習に力が入り、指導部員の間では早くもピリピリした空気が流れています。
今年度は応援合戦の完成度もさることながら、競技中の応援にも力を入れて行おうと思っております。
ぜひとも6月12日の体育祭にお越しください!

6月21日(金) 今年度の保護者説明会につきまして

今年度の保護者対象説明会についてご案内致します。
今年度は来月21日の金曜日、時間は16時からを予定しております。
諸々の事情により、平日の夕方になってしまいましたこと、申し訳ございません。
何卒ご了承いただき、ご参加いただければ幸いです。
当日は、監督より応援委員会についての説明をさせていただきますが、今年度も昨年度同様、最初に特別講演を予定しております。
今回は「早慶対談」と銘打ち、慶應からは應援指導部の主将をご経験された方を、対する早稲田からは、何とあの「コンバットマーチ」の作曲者である三木佑二郎氏をそれぞれお招きします!
当日はコンバットマーチにまつわるとっておきのお話や、早稲田・慶應の間柄がよく分かるエピソードなどを存分にお話しいただく予定です。

なお、こちらの特別講演については、応援委員保護者以外の方も参加できます。
ご希望の場合は、本会までお問い合わせください。
応援委員とその保護者の方には、後日詳しいご案内をお配り致しますので、そちらをご覧ください。
以上、宜しくお願い申し上げます。

【第9号】野球応援の練習!そして早慶戦へ!

こんにちは、広報室長の加藤です。
現在、体育祭応援団の練習と並行して、7月の野球部応援の練習も行っています。
一昨日は、やる気溢れる新入生とともに練習しました。
元気いっぱいの中学1年生や少し緊張している中学2、3年生といろんな子が参加してくれました。
野球応援練習
メガホンを持って、本郷マーチの練習をしている様子ですが、まだまだ表情が固いですね。
多くの参加者に圧倒されたためか、それ以上に緊張していたのは指導部員の後輩たちだった気がします。
いつもよりも自分を出していなかったように思えたので、早く先輩として彼らをリードしてほしいと思います。
そして今日、開成の運動会に行ったのですが、残念ながら順延となってしまいました。
仕方なく西日暮里界隈を散歩して、お食事会をして解散というかたちになりました。
見学できなかったのは残念ですが、これからの応援委員会の話で盛り上がったので、結果的には良かったと思います。
今度行く早慶戦は、応援をしっかり勉強しつつ、しっかり楽しみましょう!
私自身、早慶戦は野球応援がどんなものであるかを知るために行ったのがきっかけだったのですが、見事に応援の魅力にハマってしまいました。
そんな楽しさを多くの後輩が知ってもらえたとしたら喜ばしい限りです。
これからも多くの後輩に応援の楽しさを体感してもらいつつ、一緒に頑張っていく仲間を増やしていきたいです。