本郷三三七拍子

本郷三三七拍子

第三代リーダー部長によって考案されたこの演技は、平成30年度幹部交代式にて初めて披露されました。末広がりで縁起の良い扇子一対を用いて、3・3・7の伝統的な手拍子をリードする姿は、見る者に勇気を与え、勝利をもたらすといわれています。また、最後に空を舞う扇子にも注目です。なお、体育祭では昨年度の応援合戦を制した組のみ演じることが許される演技です。

(平成30年度幹部交代式より)