【第239号】学校が再開されて思うこと

こんにちは、中学2年指導部員の志村です。

緊急事態宣言が解除されて早2週間程が経ち、学校も今まで通りとはいかないまでも、何とか再開されました。今まで学校に入ることすらできなかったので、友達とも会うことができ、とてもうれしいです。
しかし、応援委員会の一員として活動する事は、まだできません。
そんな今だからこそ自主鍛練が必要です。
また応援委員会の繋がりを強くするためにも、感染予防に配慮した上で、学校でのコミュニケーションが重要になっていきます。
学校が再開され、わずかながらですができる事が増えています。
これから個人個人だけでなく、一集団としてより良くなるよう精進して参ります。※休校前の1月24日の練習で撮影した写真です。

【第238号】学校の再開に備えて

こんにちは、中学3年指導部員の柴田です。

もうすぐ6月になり、緊急事態宣言の解除を受けて学校が再開されます。
学校に行く事も可能になりますが、応援委員会の練習を行う事ができなかった分、本当に体が今までのように動くかどうか、心配です。
学校に行ける日を楽しみにして、筋トレやジョギングなどの自主練を続けていこうと思います。
また、学校が始まっても休校以前のような練習ができるとは限りません。
これから先もしばらくは自主練がメインになると思いますが、皆様とお会いできた時に、これまで以上の演技を行えるよう、頑張っていきたいと思います。

※休校前の1月24日の練習で撮影した写真です。

【第237号】休校明けに備えて

こんにちは、中学3年指導部員の三浦です。

学校が休校になってから2ヵ月以上が経ち、長かった休校期間も終わりが見えてきました。
すぐに以前の様な日常に戻れる訳ではありませんが、学校が始まりこの新型コロナウイルス問題も収束すれば、様々な問題が待ち受けています。
いずれ我々応援委員会が必要とされるかもしれません。
しかし、この休校期間中に怠けていて、以前よりも応援の質を落とす訳にはいきません。
あと半月をどう過ごすかだけでも違うと思います。
残された時間を有意義に使い、以前よりも良い応援ができるようにしたいと思います。

※休校中の1月10日の練習で撮影した写真です。

【第236号】目標に向けて

こんにちは、中学2年指導部員の長船です。

緊急事態宣言が出て1ヶ月が経ち、さらに5月いっぱいの休校延長が決定しました。
部員同士で集まって練習できるのは、まだしばらく後になりそうです。
応援委員会の活動が再開できるのは果たしていつになるか、こんな時だからこそ、自主練が大事になってきます。
活動が再開された時、自主練をしていた人としていなかった人とでは、基本動作や演技のキレについて、如実に違いが現れます。
今までの1ヶ月、少し怠けてしまった時があったと思います。
しかしながら、あと1ヶ月、みっちり練習することができます。
外に出て行う練習をする事が難しい以上、体力を保つのは大変ですが、室内で行える筋トレなどの基礎練習もあります。
また、先輩達の動画を見て、技術を磨くこともできます。
いつも、「時間がかかるから」と避けていたことをやる良い機会です。
こんな時だからこそなにか目標を設定し、それに対して今できることを最大限行うことが大事になってきます。
この休校期間中にも自主練での技術向上に力を入れ、皆様に演技を披露できるようになった際、皆様に感動を与えられるように、精進していきたいと思います。

※休校前の2月14日の練習で撮影した写真です。

【第235号】日々の過ごし方

こんにちは、準幹部の八木橋です。

さて、本来なら新学年として学校が始まる頃ですが、先日新型コロナウィルス拡大防止のために、緊急事態宣言が政府より発表されました。
これを受けて、本校は5月6日まで休校期間が延長されたため、我々応援委員会はそれまで活動することができません。
残念なことですが、この休校期間のうちに運動をしないと活動を再開したときに支障を来すと思うので、日々運動と勉強を両立させ、不要不急の外出を控えながらも健康でいようと思います。
また、学校が再開されたとき、部員のみならず皆さんと元気で会えることを願っています。

※休校前の1月14日の練習で撮影した写真です。

【第234号】新学期に向けて

こんにちは、リーダー部長の工藤です。

新型コロナウイルス感染症による本校の休校措置も、予定としては4月中旬を以て解除されます。
つまり、部員達が自主練習に励める期間も残りわずかということになります。
4月からの新学期は、応援委員会にとって最も忙しい時期と言っても過言ではないでしょう。
先日Twitterでも紹介した対面式に始まり、部活動紹介や競技大会、体育祭など多くの行事が控えています。
部員一同には是非ともこのイベントラッシュを乗り切り、心身ともに成長して貰いたいと願っています。
限定的な話にはなってしまいますが、新年度からの一年は我々第四代幹部(つまり新高3生ということですが)にとっては、言わば『最後の年』になります。
我々自身が悔いの残らないように過ごすのは勿論のこと、第四代幹部がこの5年間で学んだことや得たことを部員達に全て伝えられるよう、尽力していく所存です。

※休校前の2月18日の練習で撮影した写真です。

【第233号】今できる事

こんにちは、副将の野崎です。
休校になってから早3週間が経ちました。
先日、3月19日に修了式が行われましたが、時差登校の影響で後輩達と会う事は殆どできませんでした。
しかし、この期間を利用して、部員達には自主練や勉強は勿論、自分の好きな事や興味のある事などについての知見を深めて欲しいと思います。
年度が明け、無事活動が再開できる事を祈っております。

※休校前の2月21日の練習で撮影した写真です。