【第302号】野球の試合に向けて

こんにちは、鼓手隊長の板垣です。

さて、本校硬式野球部は、全国高校野球選手権東東京大会、一回戦を控えています。
そこで、本団は学校を代表して選手達を応援し、絶対に勝たせてやるという気合で全力で練習や活動に取り組んでいます。

コロナ対策により、いくつかの我々の行いたかったことができなくなってしまいましたが、我々はできることを100%やり、野球部を勝たせるまでです。

是非本団と一緒に硬式野球部を応援しましょう!

【第301号】体育祭を終えて

皆さん、こんにちは。リーダー部長の内藤です。

先日、三大行事の一つである体育祭が行われました。

コロナウイルスの影響もあり、今年度の我々の出番はエール交換のみとなってしまいましたが、私はこのエール交換に向けて沢山の準備を積み重ねて参りました。

この組織が団になって大幅に人数が削減されてから初めての体育祭ということもあり、正直、体育祭が終わるまで盛り上がりに欠けてしまうのではないかという不安が募っていましたが、本番では生徒達が私達の想像を越えるような盛り上がりを見せてくれて、私自身「準備してきて良かった」と思えるような体育祭でした。

今年の体育祭は、例年とは違った形で行われ、応援団全体で至らなかった部分が多くありました。

しかし、今回のエール交換を越えるような盛り上がりの場を作れるように反省を糧として、応援団一同邁進していきます。

【第300号】これから

こんにちは、主将の長船です。

記念すべき第300号の団員徒然を担当させていただきます。

2013年1月29日に第1号が投稿されてから9年と4ヶ月、実に様々な思いをこの場所に書き綴ってまいりました。ときには成功の喜びを。またあるときには活動できないもどかしさを。

それは設立10周年の節目に委員会から団という形になった今でも続けていますし、これからも変わらず続けていきたいと考えていますので、宜しくお願い致します。

さて中間考査が明ければビッグイベント、三大行事の体育祭が待っています。例年とは関わり方が少し変わってしまうかもしれませんが、いつも通り「全力」で応援したいと思います。少数精鋭の今の応援団なら、より強い純粋な気持ちが伝わるはずです。見ていてください。

【第299号】新入生が入団しました

こんにちは、広報室長の後藤です。
先日、新たに中学1年生が二人入団してくれました。
今年度より委員会から団となったことで例年より入団人数が大幅に減少することが見込まれているなかでも、二人も新入生が応援団を選んでくれたことを心より嬉しく思っております。
しかし、例年よりは大幅に人数が少なく、大人数での統制美が魅力である「応援」にとって手痛い状況であることは変わりありません。
少数精鋭となってしまった現在、この現状を本団がより磨きのかかった、洗練された団になるための試練だと受け止めて、少数で高度な練習を行うことを心がけて取り組んでいこうと思います。

平成25年1月に部員徒然として始まったこの団員徒然も、次号で300号となります。この記念すべき300号では今年で10周年となる本団のイベントや、体育祭、静岡での応援団フェスティバルに向けた目標やその抱負を掲載しようと思います。どうぞ楽しみにお待ち下さい!

【第298号】部活動紹介

  • こんにちは鼓手隊長の板垣です。

先日部活動紹介が行われました。

我々は応援委員会から応援団に変わったことにより、人数が大幅に減ってしまいました。
つまり、この時期に団員を獲得できないと寂しい応援団になってしまうのです。

時間の都合でリーダー演技披露はできませんでしたが、応援団の楽しさは伝えることができたと思います。

今後の勧誘活動にも力を入れていきたいと思います。

【第297号】新入生が入学しました

こんにちは、主将の長船です。
我々は4月7日から「本郷学園応援団」として活動していくことになりました。それに伴い、こちらも「部員徒然」から「団員徒然」へと改めさせていただきます。母校本郷のためにもこれまで以上に応援活動に力を入れていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。
さて、同日に中学入学式においてグラウンドで校旗を掲揚致しました。旗と写真撮影をしていただけることも多く、揚げる側としては嬉しい限りです。
本団は、新入生が本郷生活を思いきり楽しめるよう応援しております。新入生の皆さん、これから宜しくお願いします。

【第296号】三学期総仕上げを終えて

こんにちは、中学二年部員の柳川です。

先日、総仕上げを行いました。来年度からは新体制として活動を進めるということで、個人的には「節目」として色々と考えることがあったわけですが、直前の練習にあまり出席できず、万全な状態で臨めませんでした。自分の力不足を実感します。

また、同輩が組織体制の改変により、少なからず退部してしまうこともあり、寂しくなるなぁと感じています。

高校生になり、兼部ができるようになって、また同輩達と楽しく活動できる日が待ち遠しいです。しかし、裏を返せば、部員としてもっと力をつけるチャンスでもあると思います。

今後の練習にも精進したいと思います。

【第295号】卒部式を終えて

こんにちは、統制長の山口です。

先日、第五代幹部のみなさんの卒部式が行われました。私たち第六代は、一学年上の先輩がいらっしゃらなかったため、第五代幹部のみなさんには大変お世話になりました。私たちが入部したころから、1番間近で見ていてくださった先輩方が卒業される姿はとても感慨深かったです。

先輩方各々がこれから進む道で精一杯頑張れるよう、我々応援委員会一同応援しています。

今までたくさんのご指導、本当にありがとうございました。