【第243号】総仕上げ

こんにちは、高校2年指導部員の中島です。

8月になり、暑い日が続くなかで、本会は総仕上げを執り行いました。
講堂という涼しい環境ではありましたが、熱中症対策のため、こまめに水分の補給をしました。
各々がリーダーの習得に向けてベストを尽くしましたが、習得できた者も、舞台でリーダーとして立てるよう、まだまだ精進が必要です。
自主練習の量は、演技の巧拙を左右するものです。
新型コロナウイルスの感染が拡大し、練習の時間が少なくなっている状況下でも、家での練習はできるはずです。
各自来たる舞台を目指し、頑張っていきたいと思います。

【第242号】体験練習

こんにちは、準幹部の石井です。

先日期末考査が終了し、再び活動を再開することになりました。
そしていよいよ新入生にも部活動の体験、参加が認められ本会にも多くの新入生が体験に来てくれました。
新入生を見るとやはり初めての活動ということもあってか、緊張や不安といったそれぞれの表情が窺えましたが、それ以上にこれからの中学、高校生活に期待して心を弾ませている姿が見てとれました。先輩として非常に心強く感じ、新入生がこれから活躍してゆく姿がとても楽しみに思います。
我々応援委員会一同も、新入生が安心して活動できる環境作りに努めていきたいと思います。

【第241号】活動が再開されました

こんにちは、広報室長の松原です。

7月1日よりクラブ活動の再開が実施され、それにともない本会は、指導部会議という形で練習を行いました。
新型コロナウイルス感染症予防のために様々な工夫を施しましたが、これからの練習でもそのようなものが必要と思われます。
今後の事についても先行き不透明なことが多く、リーダー演技披露を行うことができるのは当分先になりそうです。
感染症対策やその他諸々、私たちが今できること一つ一つに力をいれていこうと思っています。

【第240号】練習再開の準備

こんにちは、主将の小田部です。

みなさん、学校やお仕事が始まる中いかがお過ごしでしょうか。
本会は学校が始業してから未だ練習が一度も出来てない状況です。
しかし、新型コロナウイルス感染症の収束とともに練習再開の兆しも見えつつあります。
それに伴い、本会役員一同も練習がいつ再開してもいいよう、万全の準備を整えております。
さて、練習が始まったら気をつけないといけないことがあります。
それはクラスターや二次感染の予防です。
そちらの対策に関しましては、先日本会の公式Twitterアカウントでツイートさせて頂きました「新型コロナウイルス感染症に対するリーダー部の活動指針について」に明記させて頂きましたので、是非ともそちらもご覧いただけると幸いです。

最後にここまでお読みいただきました皆様、ありがとうございます。
第四代幹部一同、残された時間を最大限有意義なものにし、歴代最高の演技を皆様にお届けすべく全力で活動して参ります。
これからもご指導ご鞭撻の程をよろしくお願い致します。

※休校前の2月18日の練習で撮影した写真です。

【第239号】学校が再開されて思うこと

こんにちは、中学2年指導部員の志村です。

緊急事態宣言が解除されて早2週間程が経ち、学校も今まで通りとはいかないまでも、何とか再開されました。今まで学校に入ることすらできなかったので、友達とも会うことができ、とてもうれしいです。
しかし、応援委員会の一員として活動する事は、まだできません。
そんな今だからこそ自主鍛練が必要です。
また応援委員会の繋がりを強くするためにも、感染予防に配慮した上で、学校でのコミュニケーションが重要になっていきます。
学校が再開され、わずかながらですができる事が増えています。
これから個人個人だけでなく、一集団としてより良くなるよう精進して参ります。※休校前の1月24日の練習で撮影した写真です。

【第238号】学校の再開に備えて

こんにちは、中学3年指導部員の柴田です。

もうすぐ6月になり、緊急事態宣言の解除を受けて学校が再開されます。
学校に行く事も可能になりますが、応援委員会の練習を行う事ができなかった分、本当に体が今までのように動くかどうか、心配です。
学校に行ける日を楽しみにして、筋トレやジョギングなどの自主練を続けていこうと思います。
また、学校が始まっても休校以前のような練習ができるとは限りません。
これから先もしばらくは自主練がメインになると思いますが、皆様とお会いできた時に、これまで以上の演技を行えるよう、頑張っていきたいと思います。

※休校前の1月24日の練習で撮影した写真です。

【第237号】休校明けに備えて

こんにちは、中学3年指導部員の三浦です。

学校が休校になってから2ヵ月以上が経ち、長かった休校期間も終わりが見えてきました。
すぐに以前の様な日常に戻れる訳ではありませんが、学校が始まりこの新型コロナウイルス問題も収束すれば、様々な問題が待ち受けています。
いずれ我々応援委員会が必要とされるかもしれません。
しかし、この休校期間中に怠けていて、以前よりも応援の質を落とす訳にはいきません。
あと半月をどう過ごすかだけでも違うと思います。
残された時間を有意義に使い、以前よりも良い応援ができるようにしたいと思います。

※休校中の1月10日の練習で撮影した写真です。

【第236号】目標に向けて

こんにちは、中学2年指導部員の長船です。

緊急事態宣言が出て1ヶ月が経ち、さらに5月いっぱいの休校延長が決定しました。
部員同士で集まって練習できるのは、まだしばらく後になりそうです。
応援委員会の活動が再開できるのは果たしていつになるか、こんな時だからこそ、自主練が大事になってきます。
活動が再開された時、自主練をしていた人としていなかった人とでは、基本動作や演技のキレについて、如実に違いが現れます。
今までの1ヶ月、少し怠けてしまった時があったと思います。
しかしながら、あと1ヶ月、みっちり練習することができます。
外に出て行う練習をする事が難しい以上、体力を保つのは大変ですが、室内で行える筋トレなどの基礎練習もあります。
また、先輩達の動画を見て、技術を磨くこともできます。
いつも、「時間がかかるから」と避けていたことをやる良い機会です。
こんな時だからこそなにか目標を設定し、それに対して今できることを最大限行うことが大事になってきます。
この休校期間中にも自主練での技術向上に力を入れ、皆様に演技を披露できるようになった際、皆様に感動を与えられるように、精進していきたいと思います。

※休校前の2月14日の練習で撮影した写真です。