【第190号】常に、万全を

こんにちは、中学一年指導部員の内藤です。

去る一月にインフルエンザA型が流行っていましたが、今ではその流行も収まりつつあります。
しかし、今ではインフルエンザB型が流行っているそうです。
私は当時A型にかかってしまいました。
それ以外にも、私は去年体調を崩し、先輩方に迷惑をかけてしまいました。
こうして自分の欠けているところを考えると、体調管理が挙がってきます。
私は以前、夜更かしや手洗いうがいを忘れるなどの行為をしてしまいました。
それは指導部員として褒められる行為ではありません。
来年は新入生も入って来るため、今年はより指導部員としての心がけを忘れずに、新しく入って来る後輩達の手本となれるような指導部員を目指して、精進して参ります。

【第189号】プレリーダー演技披露を終えて

こんにちは、中学三年指導部員の中島です。

先日、中学生のみで企画したプレリーダー演技披露を行いました。
結果としては大きな失敗こそなかったものの、完璧なリーダー演技披露には及ばなかった、と私は思いました。
その一因として「ウケにおいて動きのキレや統制に欠ける」との意見が挙がり、私は完璧なリーダー演技披露を行うにあたって、先輩方の実力を改めて実感しました。
私は本会の良いところとして、中学生・高校生の指導部員が一緒に練習できることにより、さらに高みを目指せることにあると考えています。
今後とも私は、先輩方を驚かすことができるようなリーダー演技披露を行うことを目標にして、さらなる高みを目指していこうと思います。

【第188号】プレリーダー演技披露に向けて

こんにちは、中学三年指導部員の石井です。

残念なことですが、毎年行われている応援博は現在講堂が工事中のため、開催することが出来ません。
しかし、何も行事がないわけではなく、今年は指導部内で行うプレリーダー演技披露という、中学生のみで企画や構成を考え、幹部や準幹部の先輩方に披露するという、新たな取り組みを実施することになりました。
私はその企画の責任者になりましたが、あまり経験したことのない業務でなかなか思い通りに行かない部分が数多くあり、普段から企画、構成を担当している幹部、準幹部の先輩方の偉大さを改めて知りました。
しかしながら、未熟なリーダー演技披露を行うつもりは毛頭ありません。
本番まで残りわずかではありますが、先輩方を驚かせるような完成度の高い舞台になるよう、より一層精進していきたいと思います。

【第187号】日々の練習

こんにちは、中学三年指導部員の八木橋です。

最近、風邪やインフルエンザが流行っていますが、我々は元気に練習に励んでいます。
さて、いつも使っている講堂が工事のため、先週の火曜日は大会議室にて練習が行われました。
室内では走れないため、寒いなか外で不倒敗走を行い、かなり堪える練習となりました。
三学期は大きな行事が少ないため、基礎体力やリーダー、ウケの技術を鍛えて頑張っていきたいと思います。

【第186号】先輩方へのエール

こんにちは、準幹部の松原です。
先日、受験生壮行会を行い、受験を控える高校三年生の方々へエールを贈りました。
今回は本会指導部の高校生のみで壮行会の運営を行ったのですが、反省点が多々あり、個人的には満足のいかない結果となりました。
しかし、とある高校三年生の方が「こういう壮行会を開いてくれるだけでも励みになる」と言ってくださり、その言葉だけでも嬉しく思いました。
応援委員会は、先輩方の大学受験合格を、心より応援致します。


今年は応援博がないため、しばらくリーダー演技披露の機会がありません。
しかし、もうすぐ行われる本校の入学試験などを通し、本校の発展に尽力して参ります。

【第185号】一年の始まり

こんにちは、中学一年指導部員の宮下です。
先日、初詣に行って参りました。


この初詣は我々応援委員会にとって新年最初の公式行事であり、その年の成功を祈る重要なものです。
私はこの初詣に、ある抱負を持って臨ませて頂きました。
それは応援委員としての人を応援する気持ち、またリーダー技術、この二つの向上です。
今年は私にとっては初めて後輩ができる年でもあるので、新しく来る後輩達に人を応援する気持ちと、リーダー技術を披露することで応援の楽しさに気付いてもらいたいと思います。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年の我々応援委員会は、硬式野球部や高校ラグビー部をはじめとした各種クラブ活動への応援を充実させ、また、NHKの番組へ出演や、調布市立第一小学校へのエールなど、校外へ向けての活動も伸長させることが出来ました。これもひとえに、皆様の多大なご協力のおかげです。心より感謝申し上げます。
応援委員会の活動が年を重ねるごとに充実し、役割も多様化して参りました。それに比例して本校における重要性も増しており、皆様の期待に恥じぬよう、今まで以上の責任感と心意気で応援活動に尽力して参ります。「スマートに、紳士に」成長を続ける応援委員会を、今後ともよろしくお願いいたします。
年頭にあたり、昨年までの活動報告・新年への心意気を申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。これからも皆様のご健勝とご発展を、応援申し上げます。

本郷学園応援委員会
主将   大庭聖矢
他    幹部一同

【第184号】熱戦の花園!

こんにちは、中学二年指導部員の可知です。
先日、我々応援委員会は第98回全国高校ラグビー大会の応援に行って参りました。
選手達の奮闘むなしく試合には負けてしまいましたが、本郷が掲げている文武両道を厳守し、勉強と両立してあそこまでいい試合をすることはとても他校には真似できないことだと思いました。
今回の応援ではしっかりと声を出すことが出来ましたが、私の中ではいくつかの反省するべきな点がありました。その中でも一番反省すべきなことは、ラグビーの試合展開に完璧についていけなかったことです。移動するバスの中で何度もイメージトレーニングはしたのですが、実際の試合では何が起きたかを分からない場面があったことは事実でした。
応援をする以上、おのような体たらくでは失格ですので、次の試合までには試合中継などを利用して、選手達の士気を上げることが出来るような応援が出来るように努めていきます。

こんにちは広報室長代行の小田部です。
今回の徒然で今年の更新は最後となります。
新年からも精進していきますので、来年もよろしくお願いいたします。

【第183号】二学期総仕上げを終えて

こんにちは、準幹部の遠山です。

先日、12月20日に2学期総仕上げを行いました。
私は今回の総仕上げにて、新たに本郷音頭を習得いたしました。
この本郷音頭、その派手さやダイナミックさゆえに、前に立つリーダーへ求められる技量がかなり必要で、苦労しました。
その点で落ち度があり、今年の夏合宿では習得することが出来ませんでした。
今回の総仕上げで習得できたとはいえ、まだまだ自分の演技には至らぬ点があります。
原因としては、一重に今までの自分の練習不足があると考えるので、今後さらに自分のリーダー技術に磨きを掛けていきたいと思います。
また、同期の部員や後輩も、新たなリーダーを取得するために必死になっている様子が伺えました。
特に、ついこの間研究生から昇格した部員は、まだ年季の入っていない、きれいな腕章を身につけており、とても新鮮でした。
今後に期待したいと思います。

一年で最も日が当たる時間が短い冬至を迎えると、もうすぐ一年が終わるのだな、と改めて思います。
今年もあと花園でのラグビー応援を残すのみです。
ラグビー部が1勝でも多く勝ち進めるよう、精一杯応援に尽力していきます。