【第280号】総仕上げを経て

こんにちは、旗手隊長の北野です。

長いようで短くもあった夏期集中練習期間も、30日で終了です。

この日は、この夏休みの努力の集大成であり、部員のリーダーの取得の可否を決める総仕上げを行いました。

部員たちからは、絶対にリーダー技術を習得しようという熱い思いがひしひしと伝わってきました。

もちろん、習得できたかどうかも大事なことですが、結果に関わらず目標に向かって全力を尽くすこと自体にも非常に大きな意味があります。

部員たちはそのような意味でも、この期間で大きく成長できたと思います。

また、私たち第5代の引退がもう目前に迫ってきています。

残されたわずかな時間で私たちは次の代へ、自分の持ってきた応援旗などの技術や伝統を受け継いでいかなければいけません。

当初思い描いていたような活動はできませんでしたが、仲間たちと過ごした日々はとても楽しかったです。私たちが引退するその時まで、暖かく見守っていただけると幸いです。

【第279号】夏期練習4日目

こんにちは、会計長の大橋です。

この日は本応検を行いました。

これは本会独自の検定で、今まで特訓期間中に習った内容が出題されます。

「歴史」では今までの応援委員会の歩み、「組織」では応援委員会の構造、「心得」では応援委員会としてのあり方、「規約」では応援委員会のルール、「応援」では応援そのものについて出題されます。

これらの知識はどれも我々が応援委員会の指導部員であるためには、欠かせないものです。

ここの本応検でどれだけ勉強してきたかが試されます。集中練習期間を乗り越えた部員たちの成長した姿にご期待ください。

【第278号】夏期練習3日目

こんにちは、リーダー部長の八木橋です。

25日で集中練習期間は3日目を迎え、早くも折り返し地点となりました。

この日は、講義や筋トレ、リーダー練習を行いました。

久しぶりの筋トレで、中学生のみならず高校生も体力や筋力が落ちていることに気づきました。

思うように練習ができない中で改めて自主練習の大切さを感じています。

さて、引退という言葉が実感のあるものとなってきましたが二学期には延期された体育祭や、毎年演技披露を行っている本郷祭などの一大イベントがあり、来年で本郷学園は創立100周年、さらに我々応援委員会も10周年という大きな節目を迎えます。

これを1つのモチベーションとして後輩には頑張ってもらいたいです。また、自分たち幹部も、残り僅かとなった幹部生活を充実したものにしていきたいと思います。

【第277号】夏期練習2日目

こんにちは、統制長の大島です。

23日で集中練習期間は2日目となり、部員達にやる気が漲っているのを感じます。

引退を目前に控え様々な不安がある中、講義を聞いている様子や、練習に取り組んでいる様子を見ると、一年前から成長した姿を感じることができ、これからの応援委員会を託す事への不安も和らいでいくのを感じます。

私達が幹部を引き継ぐ際も、先代の方々が同じ様な不安を抱えていたことを思うと、非常に感慨深いです。

不安のある一方で次の代への期待も同じほど抱いています。

この集中練習期間で彼らの今後の助けとなる何かを残せる様に、幹部一同精一杯努力していきたいと思います。

【第276号】かぐや様を見て

こんにちは、鼓手隊長の中島です。

先日、あの大人気漫画の『かぐや様は告らせたい』の実写化映画の第二弾、『かぐや様は告らせたい―天才たちの恋愛頭脳戦―ファイナル』を拝見させていただきました。
この映画は、将来を期待されたエリートの集まる私立・秀知院学園において、その最高ランクに位置する生徒会を中心に繰り広げられる、「告白した方が負け」の恋愛バトルです。
さらに、そのファイナル、つまりクライマックスであるこの作品は学校の一大イベント、体育祭や文化祭をテーマにしており、生徒会会長の白銀御行と副会長の四宮かぐやの恋愛バトルにも終止符が打たれるのか、という期待と緊張にあふれた内容になっています。

では、ネタバレを避けつつ、この素晴らしい映画に関わらせていただいた感想を述べさせていただきます。
まず、この作品の魅力として挙げられるのは、そのキャスティング。
会長の白銀御行役をKing&Princeの平野紫耀さん、副会長の四宮かぐや役を橋本環奈さんが担当するなど、超豪華で完璧な配役は圧倒的です。
また、そのストーリーもこの作品の大きな魅力です。
詳しいことは言えないので、感想だけを述べるとするならば、ハラハラする恋の駆け引きあり、バラエティーありの飽きることのないものでした。

ここで、少しだけこの映画と私たちとの関連について話させていただきます。
実は、我々応援委員会は、体育祭の応援の場面での演技の参考として協力させていただきました。
オーウェン君のTwitterの方でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちが演技の参考として披露させていただいたのは、本郷音頭です。
映画本編でも、豪華な出演者の皆様が、大迫力で再現していました。

自分は今回初めて、映画に演技の参考としてではありますが参加させていただき、とても良い経験となりました。
何より、「応援」というものの参考に我々応援委員会を取り上げていただいたことが、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

【第275号】夏期練習

こんにちは、主将の丸山です。

集中練習期間が始まり、部員一同心身共に鍛え、技術の向上を目指して頑張っています。

さて、高校三年である私たち幹部は間もなく引退の時期に差し掛かります。

このコロナ禍で私たち幹部に出来ることは非常に限られています。

しかし、限られた中で出来る最大限の努力をし、いつ何時でも相手が満足するパフォーマンスをできるようにすることは、我々第五代幹部の目標です。

周りの同輩たちや後輩と活動出来ることに感謝し、残り少ない幹部生活を駆け抜けていきたいと思います。

【第274号】私の目標

こんにちは、高校1年指導部員の江良です。

1学期が終わって夏休みに入り、各自自主練習や自己の研鑽に努めています。

さて、我々高校1年生も高校3年生の幹部方から役職を引き継ぎ、第六代幹部として活動していく予定です。

それに際して、今度は私たち自身で運営したり、方針を考えたりしていく必要があります。

ここで、私は「これからの応援」について模索する事を一つ大きな目標としたいと思います。

コロナ禍の現在、部員や生徒、観客の皆様の安全を守るために考えうる最適解とは何か、また、応援というものはどうあるべきか。

どちらも非常に難しい問いではありますが、同級生や先輩、後輩たちと協力しながらより良い活動ができるよう、尽力していきたいと思います。

【第273号】夏休みの目標

こんにちは、中学2年指導部員の菅野です。

先日、1学期総仕上げが行われました。

今回の総仕上げは過去の総仕上げよりハードな物に感じましたが、先輩方が疲れを見せず、迫力のあるリーダーやウケをこなしているのを見て、自分の実力不足や練習不足、まだ本番の舞台に慣れていないことを痛感しました。

僕も先輩方のように迫力のある演技をすることができるようになるのか、また幹部になったときに後輩達を引っ張っていけるのか、まだ不安があります。

これから、先輩方のような演技の完成度を目指し、自主練や練習に励み、精進していきます。