【第186号】先輩方へのエール

こんにちは、準幹部の松原です。
先日、受験生壮行会を行い、受験を控える高校三年生の方々へエールを贈りました。
今回は本会指導部の高校生のみで壮行会の運営を行ったのですが、反省点が多々あり、個人的には満足のいかない結果となりました。
しかし、とある高校三年生の方が「こういう壮行会を開いてくれるだけでも励みになる」と言ってくださり、その言葉だけでも嬉しく思いました。
応援委員会は、先輩方の大学受験合格を、心より応援致します。


今年は応援博がないため、しばらくリーダー演技披露の機会がありません。
しかし、もうすぐ行われる本校の入学試験などを通し、本校の発展に尽力して参ります。

【第185号】一年の始まり

こんにちは、中学一年指導部員の宮下です。
先日、初詣に行って参りました。


この初詣は我々応援委員会にとって新年最初の公式行事であり、その年の成功を祈る重要なものです。
私はこの初詣に、ある抱負を持って臨ませて頂きました。
それは応援委員としての人を応援する気持ち、またリーダー技術、この二つの向上です。
今年は私にとっては初めて後輩ができる年でもあるので、新しく来る後輩達に人を応援する気持ちと、リーダー技術を披露することで応援の楽しさに気付いてもらいたいと思います。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年の我々応援委員会は、硬式野球部や高校ラグビー部をはじめとした各種クラブ活動への応援を充実させ、また、NHKの番組へ出演や、調布市立第一小学校へのエールなど、校外へ向けての活動も伸長させることが出来ました。これもひとえに、皆様の多大なご協力のおかげです。心より感謝申し上げます。
応援委員会の活動が年を重ねるごとに充実し、役割も多様化して参りました。それに比例して本校における重要性も増しており、皆様の期待に恥じぬよう、今まで以上の責任感と心意気で応援活動に尽力して参ります。「スマートに、紳士に」成長を続ける応援委員会を、今後ともよろしくお願いいたします。
年頭にあたり、昨年までの活動報告・新年への心意気を申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。これからも皆様のご健勝とご発展を、応援申し上げます。

本郷学園応援委員会
主将   大庭聖矢
他    幹部一同